47歳、マリオネットに魅せられた男
AI時代に全力のスローライフ


<お知らせ>
4/30▶名刺を400枚注文しました

🔴自己紹介
🔵お仕事の依頼
🟡マリオネットの魅力
🟢お問い合わせ



パピィ画像

自己紹介

沖縄のマリオネット仙人こと「林パピィ」と申します。
2023年たまたま観たマリオネットの動画に衝撃をうけました。
貯金を切り崩しながら ひたすら作品づくりに励む日々。
そんな父親を妻と3人の子供たち(16歳/14歳/11歳)が支えてくれました。本当にありがとう。

突然ですが、クイズです。

世界各地に存在するマリオネット文化は、
紀元前2000年のエジプトでも作られていました。

【問題】
こんな昔から人々を魅了し続けてきたのは、ナゼでしょうか??

【答え】
【作った人形が動かせること】って面白すぎるから!

神話や伝承を伝える儀式的な意味合いもあったようですが、シンプルに娯楽として楽しまれていたとのこと。
子供から大人まで、誰でも身近な材料で作れるってのも大事なポイント。
生成AIで作ったイメージ画像です。
※画像はイメージです。

初チャレンジ、お任せください!

「創意工夫のアイデアが浮かんだ瞬間のワクワクする気持ち」
「失敗の悔しさを乗り越えて、作品が完成した時の達成感」

慌ただしい毎日で心を枯らして過ごすのは、あまりに人生がもったいない。
1週間のうち数時間だけでも、デジタル世界からちょっぴり離れてみませんか?

コチラから林パピィにメールできます。
※SNSのDMや「お問い合わせ」ページからでも構いません。

略歴

1976年 宮城県仙台市出身
1998年 大道芸人を目指す(パントマイム、バルーン、コミック系)
1999年 「カギの救急車」でカギ師となる。
2002年 初海外で「グアテマラ共和国」に11ヶ月住む。妻(沖縄出身)と出会う。
2002年 「キューバ共和国」に1ヶ月。100ドルの自転車で縦断する。
中央アメリカの地図

この旅日記を 中米マンガ日記 として2005年から2年ほど描いてました。
お時間ある方、是非ご覧ください♪
中米マンガ日記バナー

2006年 結婚。沖縄へ移住する。
2007年 大型リゾートホテルで働く。バイトから管理部門の支配人となる。
2019年 脱サラ。那覇で居酒屋を経営。半年後コロナ禍となる。
2023年 寺子屋風な学童を目指して私塾を立ち上げ。集客しきれず光の速さで撤退。
2024年 マリオネット仙人になる。
ホームに戻る

LOGO

プライバシーポリシー

Copyright©HAYASHI PAPY All Rights Reserved.